帰化申請必要書類

帰化申請には『申請人が作成する書類』 『役所等に請求する書類』
『その他』 の3種類があります。

■申請人が作成する書類

① 帰化許可申請書(申請者の写真貼付)
② 親族の概要書
③ 帰化の動機書 (特別永住者、15 歳未満の場合は不要)
④ 履歴書
*重要な経歴については以下の証明資料が必要
・最終卒業証明書又は卒業証書(特別永住者の場合は不要)
・在学証明書(在学中の場合必要)
・成績証明書又は通知表の写し(在学中の場合必要)
・技能及び資格証明書
・自動車免許証写し(表・裏)
⑤ 宣誓書(15 歳未満の場合は不要)
⑥ 生計の概要を記載した書面
・在勤及び給与証明書(会社等勤務先で証明したもの)
・不動産登記事項証明書(土地・建物)
・預貯金残高証明書・預貯金通帳の写し
・賃貸契約書の写し
⑦ 事業の概要を記載した書面 
法人の経営者、個人事業主等は以下の書類が必要
・確定申告書、決算報告書(写し)
・法人の場合は、その法人の登記事項証明書
・事業に対する許認可の証明書
⑧ 自宅勤務先等付近の略図

■役所等に請求する書類

官公署等から取寄せる必要がある書類は、給与所得者か会社経営者かで異なっています。国籍によっても若干異なります。また外国語で書かれている書類は翻訳も必要です。主な書類は以下の通りです。※国籍やその他状況により必要な書類は異なります。

① 本国法によって行為能力を有することの証明書
例)家族関係登録証明書(韓国)・戸籍謄本(台湾)など
② 在勤および給与証明書、最終学校の卒業証明書、中退証明書、在学証明書
③ 国籍を証する書面
例)国籍証明書・家族関係登録証明書(韓国)・戸籍謄本(台湾)・国籍の離脱または喪失証明書・出生証明書・旅券など
④ 身分関係を証する書面
・出生証明書
・婚姻証明書(本人・父母)
・親族関係証明書(本人・子・父母・兄弟)
・その他(父母の死亡証明書等)
・パスポート・渡航証明書の写し
・各種記載事項証明書又は受理証明書
・出生届書(日本で出生した場合)
・死亡届書(父母兄弟姉妹が日本で死亡した場合)
・婚姻届書(日本で婚姻した場合)
・離婚届書(日本/で離婚した場合)
・養子縁組を証する書面(日本で養子縁組した場合)
・養子離縁を証する書面(日本で養子離縁した場合)
・認知届(日本で認知した場合)
・日本の戸籍(除籍)謄本(配偶者、父母、子、兄弟姉妹、婚約者が日本人(帰化した人を含む(帰化事項の記載のあるもの))
・国籍喪失等の証明書(申請後法務局からの指示があった場合)
・住民票(配偶者、子が日本人)
・外国人登録原票記載事項証明書(氏名、通称名、出生地、在留資格、在留期間、
上陸年月日、登録番号、居住歴(居住条件を満たす年数分))の記載のあるもの
⑤ 外国人登録済証明書
⑥ 納税証明書
例)税務署、都道府県税事務所、市区町村役場から取得
⑦ 法定代理人の資格を証する書面
⑧ 会社の登記簿謄本
⑨ 預貯金の現在高証明書、有価証券保有証明書、不動産登記簿謄本
⑩ 運転記録証明書

■その他

以下提出を求められる場合があります。
例)スナップ写真、医師の診断書、不動産の内部・外部の写真など

*帰化許可申請時の提出書類は各人によって異なります。